■絵文字の量

キャリアが一緒の場合は、思う存分「絵文字」を使うことができます。

でも、使う量には、注意が必要です。

あまり、「絵文字」を使わない相手に大量の絵文字を使うと悪印象を与えてしまいます。

「絵文字」を使う量のポイントは、「相手と同じくらい使うこと。」です。

たくさん使う人には、たくさんの絵文字を。ほとんど使わない人には、あまり使わないようにしましょう。

[2]前(携帯メーカーの違いに注意)


[9]メールノウハウTOP
[0]HOME


(C)MailDesigner